安心・安全なインプラント治療に取り組む丸子歯科
投稿

インプラント治療後

他の歯医者で入れたインプラントの冠が外れたので、新しく作ってほしい

他の歯医者で入れたインプラントの冠が外れたので、新しく作ってほしい

 

インプラントは、顎の骨の中に埋め込む歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部の主に3つの部分から構成されています。

歯根部と上部構造を連結する土台の部分が歯科医院によって種類が違うため、当院で作る冠が入らない可能性があります。

例えていうなら、トヨタ車の修理が必要なところに日産の部品が使えないのと同じです。

部分的に修正は可能な場合もありますが、他の歯科医院で入れたインプラントは丸子歯科で取り扱っているインプラントと違う場合が多く、相談しかできない場合が多いです。

インプラントを行った歯科医院に相談にいかれることをおすすめします。

また、その医院が遠隔地であれば、大学病院ではかなりの種類の部品を揃えている可能性がありますので、お近くの大学病院に相談するのもよいかもしれません。

 

 

 

インプラントも虫歯や歯周病のようになりますか。

インプラントも虫歯や歯周病のようになりますか。

インプラントは虫歯になることはありませんが、インプラント周囲炎というものになることはあります。

 

インプラントも虫歯や歯周病のようになりますかと患者さんからよくしつもんされることがあります。

インプラントは、金属でできていますから、虫歯になることはありません。

ただし、お口のお手入れを怠ると「インプラント周囲炎」といって、歯周病のように周りの歯肉が炎症を起こしてしまうことがあります。

その場合は、歯周病の治療と同じようにインプラントの周囲のクリーニングを徹底して行います。必要に応じて抗生剤を服用していただくこともあります。

インプラントの周りに炎症が起こると、最悪の場合はインプラントを除去しなければならなくなることもあります。

このようなことにならないために、インプラントを入れたあとは定期的なメインテナンスを受けて、炎症が起こらないように予防することが非常に大切です。

そしてさらに、インプラントの治療の前に、お口の中の歯や歯肉が将来的に問題を引き起こさないようにきちんと診査、診断を行い、治療を進めることも重要です。

術前の診断で、将来のトラブルを防ぐため、あらかじめ歯を抜いておいた方が長い目で見て良い場合もあります。インプラントで質問があれば、何でもお答えしますのでどんどんご相談下さいね。

                         

                          

 

 

インプラントのお手入れ方法でおすすめはありますか?

インプラントのお手入れ方法でおすすめはありますか?

インプラントは歯間ブラシがおすすめです。

インプラントは人工の歯と歯肉の境目に磨き残しをしやすく、普通の歯よりもくびれた形をしているので、汚れ(プラーク)が取り除きにくいです。

歯間ブラシは、歯ブラシでは毛先が届かない所のプラークを取り除くことが出来ます。

インプラントにプラークを付着したままにすると、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状の炎症をおこし、気付いた時には手遅れになってしまう可能性があります。

インプラント周囲炎にならない為にも歯間ブラシはまずインプラントに合った太さの物を選びましょう。歯間ブラシのサイズが分からない時は、一度ご相談下さい。

 

歯間ブラシの効果的な使用方法

歯磨剤が入っていない歯磨き剤をブラシに付けて使用しましょう。

  1. 入りづらい所には大きなサイズを無理に入れないようにしましょう。
  2. くれぐれもやりすぎないようにしましょう。(1カ所に3回くらい)
  3. サイズが合わなくなったらサイズを見直しましょう。
  4. 1日1回でもよいので継続が大切です。

 

 

 

手術直後気をつけることはありますか?

Q 手術直後気をつけることはありますか?

answer

数日間は少し腫れることが多いので、術後当日はシップ剤や冷たいタオルで冷やして下さい。少し押しつけるように圧迫していただくとさらに効果的です。

手術後当日と腫れている間は、長風呂、激しい運動、飲酒は避けて下さい。シャワー程度は問題ありません。

清掃の注意点は、手術部位に歯磨き粉の研磨剤や歯ブラシが当たってしまうと、傷を作ってしまって治りが遅くなってしまうので、手術部位に当たらないようにして自分の歯を磨きましょう。

また、傷口が気になるかもしれませんが、指や舌で触らないように気をつけましょう。

触ったりすると、炎症を起こす原因になります。手術部位を圧迫してしまうと、負担がインプラントにかかってしまいます。しばらくは触らないようにするだけではなく、歯ぎしりや食いしばりをしないように気をつけましょう。

歯の博士

食事については、痛み止めのお薬を服用しなくてもよくなるまでは、硬い食べ物、辛い食べ物、飲酒は腫れや痛みなどの原因になるので控えましょう。

手術後落ちついて来たら、術後の定期検診と患者さんご自身による毎日の口腔清掃が極めて必要。

お口の汚れを増やさないようにしましょう。理由は、インプラントは天然歯に比較すると、骨とはしっかり結合しますが、粘膜との結合が弱いためです。

喫煙者は、できるだけ禁煙をしましょう。
その結果として、インプラントと骨の結合を阻害したり、傷の治りが遅くなってしまうからです。タバコを吸うことによって毛細血管が収縮をしてしまいます。

インプラントQ&Qに戻る

術後、麻酔が切れたら痛いですか?

0011788 術後、麻酔が切れたら痛いですか?

answer 鎮痛剤を飲めば心配されるほどの強い痛みはないことが多いです。
細かく言えば、条件によって痛みが出るかどうかは若干異なります。

(1)手術内容

1.入れるインプラントの本数

1~2本以内なら、歯を1~2本抜いた程度の身体への負担ですので痛みは余りでないことが多いです。

2.上顎か下顎か

下顎は、上顎に比べれば、術後の腫れは出やすいです。
腫れは、多くの場合術後1週間以内にはおさまってきます。
強い痛みは出ないことが多いですが、腫れに伴う違和感や鈍痛は感じる場合があります。

3.骨の移植をするかどうか

骨の移植を行った場合には、腫れやすい傾向にあります。
術後の腫れに伴う痛みに関しては、3日間くらい続きますが抗生剤や消炎鎮痛剤の服用によって余り気にならなくなる場合が多いです。

(2)術後の鎮痛薬の服用の仕方

痛みが出た場合の鎮痛剤の服用方法をお伝えします。

1.インプラント手術後、薬を受け取ったらすぐに服用する。麻酔が切れる前に飲んだ方が効きやすい

2.インプラント手術当日は、場合によっては寝る前にも薬を飲む。
(睡眠中、痛みがでないようにするため。)

3.もしどうしても痛みが出てしまった場合には、薬剤師さんと相談の上
(ⅰ)鎮痛剤の服用間隔を短くする。
(ⅱ)一回あたりの鎮痛剤の量を増やす
(ⅲ)鎮痛剤の種類を強いものに変える   という方法もあります。

(3)術後の過ごし方

術後に激しい運動をしたり、お酒を飲んだり、熱い長風呂に入るなど血のめぐりが良くなることをすると痛みがでる確率が高くなります。

シニア

詳しくは「インプラント手術直後に仕事や食事は大丈夫?」をご覧ください。

(4)痛みの感じ方の個人差

これは、個人個人によりかなりの差があります。
普段の生活でも少々のことでは痛みを感じない人から痛みに繊細な方まで様々な方がおられます。
ただ、インプラントをやる前に「私、痛がりだからどうしよう…」と心配されていた方でも「術中、痛みはほとんど感じなかった。」と言われる方が大半ですので、痛みに繊細な方も、それ程心配されなくても大丈夫でしょう。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントの後に定期的に検診に通う必要はありますか?

0011788 インプラントの後に定期的に検診に通う必要はありますか?

answer インプラント治療が終わったからといって、そのままでインプラントが一生機能するわけではありません。
周囲の粘膜の炎症(歯周病)はインプラントの大敵です

implant日頃のブラッシングと定期検診、メンテナンスの心がけでインプラントの寿命が変わります。
定期検診を受けずに周囲の歯肉の炎症を放置すると「インプラント周囲炎」になります。
「インプラント周囲炎」は歯周病とよく似た炎症です。
進行すると、インプラント周囲から骨がなくなり最後にはインプラントインプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントそのものは人工物で痛みを感じません。
そして、骨と結合していると動かないので、多くの患者さんはひどくなるまで気が付きません。

定期検診が必要な理由はそれだけではありません。
年を経るごとに、歯や歯周組織の状態、かみくだく力など、口の中の環境が変わっていきます。
それとともに、咬み合わせの状態も変わってくるのです。
とくに、インプラントは天然の歯より硬くてする減りが少ないので咬み合わせのずれが大きくなりやすいのです。
咬み合わせのずれを放置していると他の歯に影響が及んだり、顎の筋肉を傷めてしまったりすることもあります。
ですので、定期的にチェックし、咬み合わせを調整する必要があります。

また、丸子歯科で行ったインプラント治療には保証期間を設けていますが、定期検診を受けていただけない場合には、保証の対象外となります。

インプラントの寿命は、患者さんのお口の衛生状態によって大きく変化します。
定期検診がインプラントの寿命を延ばすことんいつながります。
ぜひ大事になさって日々の生活を豊かにしてください。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントを入れるのに必ずCT撮影は必要ですか?

0011788 インプラントを入れるのに必ずCT撮影は必要ですか?

answer はい、必要です。

CT(computed Tomography)は、X線撮影とコンピューターを使って三次元的に体内の骨や軟組織を観察、診断する装置・技術です。
従来の歯科用のレントゲンでは、三次元の平面画像しか得られませんので、立体的な形や大きさ、距離や位置関係を精密に把握するのは困難です。

例えば、通常のレントゲンでは、骨がある様に見えても手術で歯ぐきを開いて骨を見ると骨のくぼみや欠損がある場合もあります。

インプラント治療でCT撮影を行うのは、インプラントを入れる予定部分に骨の状態、特に、普通のレントゲンではわからない骨幅・ボリューム・骨質、神経の位置、鼻腔の位置などをチェックすることが目的です。
CTのデータを得ることで、科学的根拠に基づいて安全に手術を行うことができるようになります。

また、その画像を患者さんにお見せすることでご自身の口腔内の状態の理解が深まります。

CT

<CTを撮影する場合の流れ>

(1)レントゲン写真を撮影する。

インプラントを希望される場合に
まず、パノラマX線写真と呼ばれる
従来のレントゲン写真を撮影します。
これによって、虫歯があるか、歯の根の状態の問題がないか、歯周病の診査や歯根の向きなど
一般的な歯科領域の診査・診断を行います。

(2)CT撮影

パノラマX線写真のデータを基に、
インプラントができる可能性がある場合にCT撮影の相談を行います。
ただし、インプラント診査目的のCT撮影には、保険が効きませんのでCTの撮影費用として 20,000円(税別)かかります。

(3)CTを基に精密診断を行う

CTを撮り終わってから、そのデータの基に、精密に診断を行うには時間がかかりますが撮影当日に、インプラントが行えるかどうかの簡単な説明は可能です。

(4)来院時、詳しい内容をご相談する

次回の来院のお約束の日までに、撮影データを集積し、インプラントを行えるかどうか、行えるとしたらどの様な設計で
施術していくのかを具体的に相談致します。

インプラントQ&Qに戻る

インプラント周囲炎と歯周病の違いを教えて下さい

0011788 インプラント周囲炎と歯周病の違いを教えて下さい

answer インプラント周囲炎は、歯周病とよく似た病気です。

歯周病の歯どちらも歯周病菌の感染を原因として起こり、歯ぐきや顎の骨に炎症を起こしその結果、放置すればインプラントや歯が抜けてしまう病気です。

天然歯と顎の骨は、歯根膜と呼ばれる組織により結ばれています。
歯根膜には、歯周病の原因である細菌の侵入を防ぐバリアの役割があります。
それに対しインプラントは顎の骨と直接結合し、歯根膜は存在しません。
そのため、細菌の侵入を防ぐバリアが無く、病気の進行が早まってしまいます。

以下、項目別に両者の違いを列挙します。

歯周病 インプラント周囲炎
炎症 初期から腫れてムズムズすることが多い
(喫煙者の場合は必ずしもそうならない)
初めは弱く、自覚症状に乏しい場合もあるが、
一度進行すると歯周病よりも強く起こる
出血 歯ブラシがあたったり、
歯ぐきのゆるみの検査をすると出血する。
かなり重度になるまで出血しないことがある
骨吸収が起こった時 ゆっくり進む 急速に進行する
痛み 歯ぐきや骨が破壊されると
歯や歯の周りが痛む
インプラントそのものには神経が無い為
痛みは感じないが骨が破壊されて
咬みあわせが悪くなると痛むこともある
動揺(揺れ) 進行に合わせて歯が少しずつ
ガタガタ動くようになる
進行し始めていても末期にならないと
あまり動かないため
自覚症状がないまま進行してしまことがある

以下のように、歯周病もインプラント周囲炎も同じような疾患ですが、インプラント周囲炎は歯周病と比べると

(1)感染しやすく、進行の速さは歯周病の10~20倍

(2)進行しても見た目の炎症が弱く、天然歯の様にグラグラしない

(3)痛みも感じず、自覚症状に乏しい

ですので、インプラントを入れた場合には、ご家庭での丁寧な歯磨きや歯科医院での定期的な専門のケアを受けることが大切です。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントの歯が虫歯や歯周病になった時、どんな治療をしますか?

0011788 インプラントの歯が虫歯や歯周病になった時、どんな治療をしますか?

answer インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病の様な状態になることはあります。
それを「インプラント周囲炎」と言います。

インプラント周囲炎

「インプラント周囲炎」の治療について解説します。

インプラント周囲炎の治療方法

インプラント周囲炎の主な原因は、歯周病菌による炎症です。
基本的には、歯周病菌を減らし、炎症を抑えることが治療方法となります。

一般的な治療方法

(1)インプラントの周囲の汚れや歯垢などをしっかり取り除く
(2)お口に中全体のお掃除
(歯周病菌を減らす目的で、普段なかなか歯ブラシなどが届きづらい部分も、徹底的にお掃除します。)
(3)インプラントの周りに汚れが付きづらくなる様に、   ラバーカップやペーストを用いて研磨します。
(4)抗菌療法‥原因菌に対して有効な薬(抗生物質など)を直接インプラントの周りに届けます
(5)抗菌薬療法‥歯周病菌を減らしたり、炎症を抑えたりする目的で、飲み薬を服用してもらいます。

家庭でのケアー

(1)インプラントの周りを普段からしっかりお手入れできる様にその方法を再確認します。
(歯ブラシや歯間ブラシの使い方、その他音波ブラシ等を使用するかの相談など)
(2)上記以外に、うがい薬や必要に応じて抗菌用のトレー(3DSといいます)を家庭で使ってもらうかの相談
(3)全身の免疫力を上げるための相談
(4)たばこを吸っておられる方は、禁煙がおすすめです

インプラント周囲炎が、かなり進んでしまった場合の治療方法

(1)インプラントの周りの組織の形を整える為の外科的処置
(2)骨の吸収がかなり進んでしまった場合には、炎症を抑える為にインプラントを抜かなくてはならない場合もあります。

インプラント周囲炎になってしまうと、歯周病よりも治りづらいですので普段からの予防が大切です。当院では、インプラントを入れられた方には、3ヶ月に一回は、メインテナンスとしてインプラントの点検やお手入れをさせて頂いております。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントは外れることがありますか?

0011788 インプラントは外れることがありますか?

answer 「インプラントが外れる」のは

1・インプラント自体が外れてしまう場合
2・インプラントの上にかぶせておいた冠が外れてしまう場合
3・インプラントの下にあるネジがゆるんでしまう場合
の3通りがあります。

どれも起こりえますが、外れてしまうパターンがいくつかありますので解説していきます。

1・インプラント自体が外れて(抜けて)しまう場合

時期的に主に2つのパターンがあります。

(1)インプラントを埋入して、2~3ヶ月以内に外れて(抜けて)しまう場合

これは、大半の場合が術後に顎の骨とインプラントとがくっつかなかった場合です。
もう一度埋め直しなどを検討します。

(2)インプラントを埋入して、数年以上経ってから外れる(抜けて)しまう場合

(1)とは異なり、「インプラント周囲炎」という、歯周病の様な状態になることで抜けてしまった状態です。

抜けてしまう場合は、歯周病と同じでインプラントの周りに汚れがずっと溜まった状態が続くことで歯周病菌が増えたり、免疫力の低下で、歯周病菌が活発になることなどでおこります。

インプラント本体が外れて(抜けて)しまうことは、自己管理をしっかりして頂くことや、定期的なメインテナンスを受けて頂くことで防止できることが大半です。

2・インプラントの上にかぶせた冠が外れてしまう場合

インプラント本体が抜けてしまう場合と異なり、冠が外れてしまうことは時に起こり得ます。
インプラントは、冠の下の構造が複雑です。
その部分が、ゆるむ等の問題が生じた時に冠を外して修理や点検が出来る様に柔らかい(のちに外せる)セメントを使って冠をつけます。

天然の歯は、虫歯にならない様に、硬い(外れづらい)セメントでしっかり冠をつけますがインプラントの場合は、虫歯になる心配が無いためまずは柔らかいセメントでつけます。

そのため日常生活で冠が外れてしまうことも場合によっては起こり得ますがそのことで咬みあわせの調整や、歯の形態修正など、のちのちの微調整が可能になります。

以下に、当院でのインプラントの冠の接着の流れを紹介いたします。

インプラントの冠の接着の流れ

3・インプラントの下にあるネジがゆるんでしまう場合

インプラント本体と上の冠の間に、「アバットメント」という土台の部分があります。
その部分とインプラントを固定しているネジは、まれにゆるむ場合がありこの時にグラグラ動いたり、外れたりする状態になります。

この場合は、上の冠を一旦外してネジをしめ直します。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントはさびることはありますか?

0011788 インプラントはさびることはありますか?

answer 基本的にはありません。

下図の様に、インプラントは主に3つの構造に分けられます。

インプラントの構造

  • インプラント体‥骨の中に埋め込まれるインプラント本体で、金属のチタンでできています。
  • アバッドメント‥インプラント本体とかぶせ物を結びつける構造で、かぶせ物の土台となる部分です。
    インプラント体と同様チタンでできています。
  • かぶせ物‥一般的な歯にかぶせるかぶせものと同じで金属は、主に貴金属(金、銀、白金、パラジウムなど)白い歯のかぶせ物は、セラミックでできています。

インプラント治療が、他の歯科治療と材質的に異なる点は、チタン(Ti)という金属が使われている点です。
以前、様々な国でコバルトクローム、金、白金など様々な材質を素材にしたインプラントが試みられましたがどれも上手くはいきませんでした。

しかし、1950年代後半、スウェーデンのブローネマルク氏(解剖学者)が、金属のチタン(Ti)が動物の体の中にあっても拒絶反応を起こさずに骨としっかり結合することを発見しました。
その後、インプラント治療は大きく進歩し、現在では世界中のほとんどのインプラントにチタンが使われています。

チタンは、人間の体と相性が良い素材ですので人工関節など、多くの医学分野でも使われています。
物理的性質をみると、チタンは アルミニウムより1.5倍重いだけで硬さはアルミニウムの6倍あり、さらにいいことに極めて腐食しづらい(さびづらい)性質を持っています。
水の中にずっと置いておいても腐食されません。(さびません)
空気中でも600℃までは、安定な金属です。

さびづらいだけではなく、アルミニウムの様に軽く、しかもはるかに耐熱性が高く、かつ硬い材料ですので飛行速度が音速まで近づく航空機や、宇宙観測のためのロケットにも使われています。

このように、生物学的にも理工学的(物理的)にも利点の多いのがチタンであり長期間、骨の中に置かれていても身体に悪影響を及ぼすことはありません。
アレルギー反応を起こす人も非常にまれです。

※ただし、歯科医院で扱う高濃度フッ素(9000ppm以上)に長期に浸すと腐食されたという報告があり、インプラント部分に直接高濃度フッ素を塗ることはさけています。
ですが、家庭用フッ素(950ppm前後)でしたら、長期に使用しても問題ありません。

一方でインプラントの上にかぶせる物は、一般の歯科治療と同様貴金属が使われていますのでさびる心配はありません。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントを入れたらタバコは吸わないほうがいいですか?

0011788 インプラントを入れたらタバコは吸わないほうがいいですか?

answer タバコは歯周病の最大のリスク因子なのです。

近年各種メディアで歯周病とタバコの関係性はよく報道されているのでご存知の方もおられるのかもしれませんが、タバコは歯周病の最大のリスク因子なのです。

「タバコは百害あって一利なし」とも言われているように、口の中の健康やインプラント治療にも悪影響があります。

では、具体的にタバによってどのような悪影響があるのでしょうか?

1.細菌感染のリスクが高くなりインプラント周囲炎になりやすくなる。

タバコは、免疫力を低下させます。
ニコチンは免疫の役割をしている白血球の作用を低下させるため、歯肉に炎症が起こりやすくなります。
タバコによって血流が悪くなり、だ液の分泌量も低下します。
洗浄作用のあるだ液が少ないと、細菌が増えて歯周病になりやすくなります。
喫煙者は、非喫煙者と比べて歯周病やインプラント周囲炎になるリスクが4倍もあると言われています。

2.インプラントが骨に結合しにくくなる

タバコの煙の主成分であるニコチンは血管を収縮させ、喫煙によって発生する
一酸化炭素は血液が酸素を運ぶ能力を妨害し、血行が悪くなります。
すると、骨や歯周組織へ酸素や栄養が行き届かなくなり、インプラントを支える骨や歯周組織が弱ってインプラントが外れてしまうことがあります。
タバコは歯肉の血行を悪くして、傷の治りを悪くします。
そのため、手術の傷が治りにくく、化膿してしまう可能性もあります。

治療

インプラントの治療期間はもちろんですが、メインテナンス中でも喫煙はインプラントに悪影響を与えてしまいます。
近年インプラントの精度も上がり寿命は長くなっていますが、せっかく入れたインプラントも喫煙によって寿命が短くなる可能性があります。

インプラントを長く、そしてご自身の残っている歯も長く使っていくならば、禁煙をすることをおすすめします、「どうしても自分でタバコをやめれない」という人は多いと思います。
自分1人でチャレンジしてもうまくいかなかった方は病院の禁煙外来で相談したり、テレビでやっている「すぐ禁煙」で検索して実践するのも一つの方法です。

インプラントQ&Qに戻る

入れ歯のように、使っているうちに合わなくなることはありますか?

0011788 入れ歯のように、使っているうちに合わなくなることはありますか?

answer 従来の入れ歯などとは違って、インプラント治療は合わなくなるということは基本的にありません。

ただし、咬み合わせのチェックは定期的に必要です。

入れ歯の場合はしばらく使わなかったり、作ってから年数がたっていると合わなくなることがあります。
部分入れ歯でしばらく使わなかった場合には、口の中にはめ込むことすらできなくなることもあります。
しばらくつけていないとバネ(入れ歯を固定する金具)をかけている歯が動いてしまい、再度入れることができなくなってしまいます。
総入れ歯をしばらく使わなかった場合はとりあえず口の中に納めることはできますが、安定が悪くなり外れやすくなってしまいます。
これは長い期間をかけて徐々に顎の骨が痩せていき、入れ歯と歯ぐきのすき間が大きくなることにより、 合わなくなってしまうためです。

implantインプラント治療は骨の中にしっかりとインプラント体を埋め込み、その上からかぶせものをしていく治療です。
入れ歯の機能回復率が10~50%に比べインプラントは80~95%と、入れ歯に比べて安定感が非常に高い治療と言えます。
しかし、インプラントを入れてから長期間経過すると食事や噛み締めるくせによりかぶせ物がする減っていく可能性があります。
そのため、咬み合わせのバランスのずれが出ていないかを定期的にチェックすることが必要です。

さらに、もう一つ問題があるとしたらインプラントを入れたあとの歯周病です。
これをインプラント周囲炎といいます。
患者さん自身のブラッシング不良や定期的なメインテナンスを怠るとインプラントの周りに炎症がおき、周囲の骨が溶けていきます。
気づかずにそのままにしていると、最悪の場合抜け落ちてしまうことがあります。
したがって、定期検診と一年に一回のレントゲン検査をオススメしています。

入れ歯は残っている歯にバネをかけているだけなので安定感があまりよくなく、合わなくなることがあるかもしれませんがインプラントは基本的に歯ぐきの問題さえ出なければあわなくなることはないと考えていただいて良いかと思います。
インプラント治療を行うと年々合わなくなる入れ歯の悩みからは解放され、喜ばれる方がほとんどです。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントの歯はどう磨けばいいの?

0011788 インプラントの歯はどう磨けばいいの?

answer インプラントは自分の歯のように噛めることから、乳歯・永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

もし、失ってしまった歯の所にインプラントを入れることはできたとしてもそれで終わりではありません。

治療後のお手入れも大切になっていきます。
ほとんどの場合、インプラントを入れるところは、むし歯や歯周病などで歯が抜けてしまった場所ですから、決して状態が良い場所であったとは言えません。
このまま、今までと何も変わらないお口の中の環境では、せっかく入れたインプラントも一生使い続けられるとは限りません。

しかし、お手入れといってもインプラントを入れたあとはどんな道具を使えばいいか?どんな磨き方をしたらいいか?
面倒なのでは?と不安に思われる方もおられるかもしれません。
が、難しい技術や特別なものは一切必要ありません!!

基本的には、インプラント部分もご自身の歯を磨くようにブラッシングをすることが一番大切になります。
朝・晩ふつうの歯ブラシで歯を磨き、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシで歯と歯の間の食べかすや、歯垢を落とすのがとても有効となります。

特に、インプラントの場合磨き残しをしやすいのが人工の歯と歯肉の境目です。
普通の歯よりもくびれた形をしているので歯垢がたまりやすいのです。
そこの汚れを落とすように意識して磨くようにしてください。

ここが汚れやすい人は小さな毛束が一つになっている「ワンタフトブラシ」を使うことをおすすめします。

brush

磨き残しが多い部分が自分ではわかりにくいこともありますので丸子歯科ではスタッフが歯磨きの仕方や磨くポイントなどを相談させていただいてます。

また、プロではないと清掃できない部分もありますので定期的に歯科でクリーニングを中心としたメインテナンスを受けることをオススメします。

インプラントQ&Qに戻る

インプラントを入れてすぐに咬める方法があると聞いたが本当?

0011788 インプラントを入れてすぐに咬める方法があると聞いたが本当?

answer 歯科医院の中には、すぐに咬めるインプラントを実施している所が確かにあります。

丸子歯科では、土台の部分を入れてから3~6ヶ月間、顎の骨としっかり結合するのを待って、上に人工歯を装着します。
人工歯を埋入後あまり早くつけてしまうと、インプラントに強い力がかかった時に植立したインプラントが、わずかでも不安定な場合骨と結合しなくなってしまうことがあるからです。

インプラントを入れてすぐに骨を入れる治療は「即時荷重」といわれており推奨している先生もおられますが丸子歯科ではより高い成功率を目指しているので行う場合は慎重に診査してからになります。

インプラントQ&Qに戻る

インプラント手術直後に仕事や食事をしてもいいですか?

0011788 インプラント手術直後に仕事や食事をしてもいいですか?

answer 基本的にインプラント手術直後でも、いくつか注意をしていただければふつうに生活していただいても問題ありません。

シニア

術後1週間程は激しい運動や飲酒、長風呂は血流が盛んになり痛みが出たり出血の原因になるため控えてください。
術後の痛みは当日と次の日に出やすいので鎮痛剤で対応します。
腫れは2~3日後に出やすく冷シップと抗生剤にて予防します。

手術当日はデスクワークや軽い家事程度であればかまいませんが長時間労働や睡眠不足、夜ふかしにより疲れが溜まると体の免疫力が下がり、傷口の治りが悪くなります。
また腫れを防ぐ為、当日はシップ又は冷たいタオルで冷やしていただきます。

食事に関しては3日間くらいはなるべく手術を行った部位の反対側で刺激の少ない軟らか消化の良い流動食に近いものから食べるようにしてください。
また骨移植を行った場合は2週間は骨の再生にとても重要な時期のため硬い物は避けてください。

(おすすめの食べ物)

・ヨーグルト、ゼリー類、豆腐、やわらかく煮た野菜や魚など
・そうめん、うどん、そば、おかゆ、おじやなど余り咬まなくても飲み込めるもの

(さけたい食べ物)

・歯ごたえのある生野菜、するめ、ピーナッツ類、おせんべい など硬いもの
・からあげなど噛み込まないといけない食品
・辛いものや刺激のある食べ物
・大きく開口しないと食べづらい物(ハンバーガーなど)

インプラントQ&Qに戻る

インプラントが抜けてもまた埋められる?

0011788 インプラントが抜けてもまた埋められる?

answer インプラントを埋める場合、ほとんどのケースでは抜けてしまうことはありませんがまれに抜けてしまうこともあります。 (全国平均5%、当院では1%)

インプラントイメージ

インプラントが抜けてしまう時期は?

(1)埋める手術後すぐ(6ヶ月以内)

(2)インプラントとして使っているうちに、少しずつ 緩んで抜けてしまう(術後5年以上)

に、大きく分かれます。

(1)は、術後の感染や個人の免疫力の差、骨の状況によって
一定の割合で避けることができない(世界的に見ても数%)部分があります。

(2)は、その原因の多くがお口の中のお手入れが不十分な事で起こります。逆に言えば、毎日しっかり家でお手入れを続けて、3ヶ月に一回のメインテナンスに来ていただいていれば、かなりの確率で防げるものです。

これは、ご自身の歯(天然歯)をしっかりケアしていれば、簡単には抜けることがないのと同じです。

「インプラントを長持ちさせるにはどうしたらいいですか?」はこちら>>

ただし、インプラントは天然歯に比べて感染しやすく、一度感染してしまうと進行の速さは、歯周病の約10倍で、痛みも感じず自覚症状もあまりないため、特にしっかりとしたケアーが必要です。

どんな手術内容か?

古いインプラントが抜けて空いた穴に新しいインプラントを埋め直します。
(なお、抜けたインプラントは再利用できません。洗浄・滅菌しても、こびりついた組織を完全に取ることができないからです。)

まず、炎症のある部分の組織(「肉芽組織」と言います)をしっかり取り去り、キレイに洗い流してから新しいインプラントを埋めます。
この時、骨の量が減ってしまっている場合には骨の移植が必要になります。

費用について

尚、丸子歯科では保証期間内(5~7年間)で、3ヶ月に一度のメインテナンスに来て頂いておられれば、インプラントの再度の費用負担なく、再度植立致します。
(※骨の吸収が激しい場合や、病気などで体調が思わしくない場合には出来ないこともあります。)

インプラントQ&Qに戻る

インプラントを長持ちさせるにはどうすればいいですか?

0011788 インプラントを長持ちさせるにはどうすればいいですか?

answer インプラントはむし歯にはなりませんが、歯周病(インプラント周囲炎)にはなります。
インプラントが抜けてしまう多くの原因はインプラント周囲炎ですのでその対策をすることが長持ちさせるコツになります。

治療の様子

1.定期検診を受ける

3ヶ月に一回の定期検診で早い段階で問題が発見できます。
また、問題無い場合も、お口の中の除菌などのメインテナンスを行うことでより良い状態にできます。

2.一日一回はしっかりお口の中のお掃除をする

インプラントの部分だけでなく、お口の中全体の除菌を歯ブラシや歯間ブラシなどで丁寧にしてください。特にインプラントの周りは一日に一回は歯間ブラシを通してください。

3.硬い物の噛みすぎや歯ぎしり、噛み締めに気をつける

基本的にインプラントでは、硬い物でも咬めますが極端に硬い物
(カニの殻やクルミの皮など)は咬まないようにしてください。
また、スポーツなど激しいくいしばりや寝ている間の歯ぎしりはインプラントだけでなく歯にも大きな負担をかけますので気をつけてください。

4.身体の免疫力を上げる

インプラント周囲炎は感染症です。
感染症の予防には免疫力のアップが必要です。

5.できれば禁煙する

喫煙は、インプラントだけでなく歯周病の最大のリスク因子です。
できれば禁煙しましょう。

インプラントQ&Qに戻る

PAGETOP