0011788 インプラントの後に定期的に検診に通う必要はありますか?

answer インプラント治療が終わったからといって、そのままでインプラントが一生機能するわけではありません。
周囲の粘膜の炎症(歯周病)はインプラントの大敵です

implant日頃のブラッシングと定期検診、メンテナンスの心がけでインプラントの寿命が変わります。
定期検診を受けずに周囲の歯肉の炎症を放置すると「インプラント周囲炎」になります。
「インプラント周囲炎」は歯周病とよく似た炎症です。
進行すると、インプラント周囲から骨がなくなり最後にはインプラントインプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントそのものは人工物で痛みを感じません。
そして、骨と結合していると動かないので、多くの患者さんはひどくなるまで気が付きません。

定期検診が必要な理由はそれだけではありません。
年を経るごとに、歯や歯周組織の状態、かみくだく力など、口の中の環境が変わっていきます。
それとともに、咬み合わせの状態も変わってくるのです。
とくに、インプラントは天然の歯より硬くてする減りが少ないので咬み合わせのずれが大きくなりやすいのです。
咬み合わせのずれを放置していると他の歯に影響が及んだり、顎の筋肉を傷めてしまったりすることもあります。
ですので、定期的にチェックし、咬み合わせを調整する必要があります。

また、丸子歯科で行ったインプラント治療には保証期間を設けていますが、定期検診を受けていただけない場合には、保証の対象外となります。

インプラントの寿命は、患者さんのお口の衛生状態によって大きく変化します。
定期検診がインプラントの寿命を延ばすことんいつながります。
ぜひ大事になさって日々の生活を豊かにしてください。

インプラントQ&Qに戻る