インプラントも虫歯や歯周病のようになりますか。

インプラントは虫歯になることはありませんが、インプラント周囲炎というものになることはあります。

 

インプラントも虫歯や歯周病のようになりますかと患者さんからよくしつもんされることがあります。

インプラントは、金属でできていますから、虫歯になることはありません。

ただし、お口のお手入れを怠ると「インプラント周囲炎」といって、歯周病のように周りの歯肉が炎症を起こしてしまうことがあります。

その場合は、歯周病の治療と同じようにインプラントの周囲のクリーニングを徹底して行います。必要に応じて抗生剤を服用していただくこともあります。

インプラントの周りに炎症が起こると、最悪の場合はインプラントを除去しなければならなくなることもあります。

このようなことにならないために、インプラントを入れたあとは定期的なメインテナンスを受けて、炎症が起こらないように予防することが非常に大切です。

そしてさらに、インプラントの治療の前に、お口の中の歯や歯肉が将来的に問題を引き起こさないようにきちんと診査、診断を行い、治療を進めることも重要です。

術前の診断で、将来のトラブルを防ぐため、あらかじめ歯を抜いておいた方が長い目で見て良い場合もあります。インプラントで質問があれば、何でもお答えしますのでどんどんご相談下さいね。