安心・安全なインプラント治療に取り組む丸子歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • インプラント

タグ : インプラント

インプラントとは

インプラントへの不安

歯がなくなってどうしたら良いのか・・・

使ってみたがやっぱり入れ歯はつらいな・・・

最近マスコミでよく報道されたり、友人からなんとなく聞いたりした・・・

インプラントとはどんなものだろうか・・・

と思ったそんな方へお答えします。

・痛くないのかな?こわいのかな?
・インプラントの寿命はどれくらいなのかな?etc.

さまざまな疑問が湧いてくることでしょう。

シニア

インプラントを知ることから始めましょう!

インプラントは世界中の臨床現場で40年以上も前から
何百万人のQOL(生活の質)を向上させてきました。
でも、どんな症例でも適応する万能選手というわけではありません。

一方、味方にできればこんな強い味方はありません。
でも当院の目標は、インプラントを入れることではなく、あなたのお口の中の機能と健康を取り戻し、維持していくこと。そして新しい人生を過ごしてもらうことです。
それをサポートする一つの手段がインプラントなのです。

まずはインプラントとはどんなものかを知って下さい。
そして、「自分に合っている」「望んでいるものだ」と思えたら検討する価値は充分にあると断言できます。

インプラントとは・・・

インプラント(implant)という言葉は、もともと「植え付ける」「教え込む」という意味の英語です。医学的には、組織や臓器などを移植したり、人工物を埋め込んだりするなどの治療を指します。

implant-image

歯科では、入れ歯のように歯ぐきに乗せるのではなく、歯の抜けた部分のあごの骨(歯槽骨)に人工歯根を埋め込んであごの骨と接合させ、それを土台に人工の歯を装着する一連の治療法のことをいいます。

歯科インプラントには、いろいろなタイプのものがありますが、一般的にはあごの骨に埋め込む歯根の部分にあたる「インプラント体」(人工歯根)、歯肉の上に出る「上部構造」(人工歯)、そしてこの2つをつなぐ「アバットメント」と呼ばれる3つの部品からできています。
なかでも人工歯根は骨となじんで結合しやすい金属のチタンが使われています。

インプラントは、ほかの歯の支えがなくても、インプラント単独で自立できるので、周囲の歯に負担をかけることがありません。
ブリッジのように周りの健康な歯を削る必要もありませんし、入れ歯のように取り外して手入れする必要もないのです。

インプラントとは、自分の歯と同じようにしっかりとかんで食事ができるほか、見た目も自分の歯に近いというメリットもあるので、乳歯、永久歯に続く第三の歯ともいわれています。

丸子歯科がめざしていること

あなたの歯が二十年後どうなるかご存知ですか?
   ――あなたの歯が生涯を通してたどる道――

シニア

私が歯科医になった昭和57年より、0才~95才近くまでの全世代の方のお口の中を約30年間見続けてきました。
そして、この地で開業して20年を超え、口の中を診させていただいた方は約3万人、幸いにも20年以上継続して来院していただいている方も1000人以上になりました。

多くの方のお口の中を30年間診させていただき、最近一人一人の方が10年後20年後、どのようなお口の状態になっていくのかが、かなり正確に予想ができるようになりました。

そこで感じたこと、わかったこと、そして歯科医院として何を目指していくのか、さらに読んでいただいているあなたにどうなってもらいたいかをお話していきたいと思います。

歯の寿命は何年かご存知ですか?

あなたは、ご自身の歯の寿命は何年かご存知ですか?

「60年?70年?」
「70才位で大体の人が入れ歯になるのでそれくらいだろう」と答えられる方が大半です。
でも80才を超えてもほとんどの歯が残っている方も多数存在します。
最近の厚生労働省の発表では、80才で20本以上歯が残っている人の割合は、20年前は5%位だったのですが、最近は20%を超えたと報告しています。つまり、うまく管理をすれば歯の寿命は一生涯大丈夫ということです。

それでは、歯医者で治した人工の歯の平均寿命はどれくらいなのでしょうか?
もし、あなたが歯医者で治した歯は金属製やセラミック製だから一生もつと思っておられるならば、厚生労働省が発表した、保険で入れた詰め物や被せ物や入れ歯がどのくらいで悪くなるかを示したデータを見て下さい。

これはあくまでも全国平均ですので、きちんと治療して、きちんと管理を頑張った場合では大幅に変わってきますし、丸子歯科の治療ではこのデータよりはるかに長い期間保つことを目標にしています。しかし、一つの参考にはなると思います。

 治療の様子

まず歯の被せ物装着後、何らかの原因により50%がダメになっていく目安の年数です。

詰め物  約5~7年
被せ物  約5~7年
ブリッジ  約7年

つづいて新しく作った義歯をなんらかの原因で使わなくなる年数

30%の方 3年で使わなくなる
50%の方 5年で使わなくなるとなります。

義歯を入れたことによる顎の骨が減る量(悪影響)とは

1年で約0.5ミリ減少

長持ちさせる上で最も重要なこと

この全国平均のデータでわかることは歯の被せ物は約5~7年が平均的寿命であり、ブリッジは健全な歯を削って入れたにも関わらず、平均的には7年で問題が発生しているということです。
この理由は、現在普及している歯科用接着剤の耐久年数が平均5~10年くらいのため、年数が経過してくるとゆるんでしまうことと、周囲が虫歯になってしまうためです。

ブリッジは固定式で使い勝手はいいのですが、土台になった歯は削っていなければこれから10年20年使えたかもしれません。しかし、ブリッジにしたことにより、歯自体の寿命を縮める場合もあるのです。

シニア

これは本当に残念なことです。

決して虫歯があるのに削ってはいけないとか、ブリッジを入れてはいけないと言っているのではありませんし、当院でもブリッジはよく作製しています。
ただ、ブリッジは健康保険で認められているため、ごく普通に行われている歯科治療ですが、気軽に健全な歯を削って入れてしまうことには素直に賛成できないというのが私の考えです。
詳しくは、インプラントに対する考えのページで述べていますが、健全な歯はなるべく削らないことと、なるべく抜かずに入れ歯を必要最小限にしか使用しないことが、長持ちさせるもっとも重要な事だと確信しています。

「インプラントに対する考え」はこちら>>

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラント

インプラント

治療法:歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:1本から、全ての歯を失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 歯を失った部分のみの治療
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為、骨がやせない

審美:ご自分の歯に近い見た目。

清掃:ご自分の歯と同様に歯ブラシ、歯間ブラシ等で清掃。

治療期間:3~9ヶ月。その後も3ヶ月~6ヶ月に1回の定期的なメインテナンスが必要。

ブリッジ

ブリッジ

治療法:失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:1本~数本失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 周囲の歯を削る
  • 歯に大きな負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせる

審美:保険適用外ならば、ご自分の歯に近い見た目。

清掃:ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所は歯間ブラシ等で清掃。

治療期間:3~6ヶ月。

部分入れ歯

部分入れ歯

治療法:失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:数本以上失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 周囲の歯に留め金をかけ、大きな負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせる

審美:留め金が見える部分もある。

清掃:はずして義歯の洗浄をする。支える歯や残っている他の歯も清掃。

治療期間:1~3ヶ月。その後も調整が必要。

総入れ歯

総入れ歯

治療法:取り外しの人工の歯を顎の上にのせる方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:全部の歯を失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 顎の骨がやせる

審美:顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。

清掃:はずして義歯の洗浄をする。

治療期間:1~3ヶ月。その後も調整が必要。

▲インプラントという選択のTOPへ

治療方法の特長

五つの治療方法の長所と短所を詳しく説明します。ここまでの選択ポイントでお話したことと重複しますが、御自分で考えている方法をしっかり確認してください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯の抜けている部分の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。
インプラントは、人工歯根とも呼ばれ自分の歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追及した新しい歯科治療です。

〔長所〕

  • 自分の歯に近い機能が期待できますので咬みやすく、左右のバランスもあいやすくなります。
  • 残っている他の歯に対する負担を軽減でき、結果として、 他の歯の寿命を長くすることが期待できます。
  • 歯を失った部分の顎の骨がやせていくことを防ぎますので、顔の形が変わらず、口もとが若々しく保てます(アンチエイジング治療の1つです)。
  • 適切にケアすれば十分に長持ちします(当院ではほとんどの方が10年以上もっています)

〔短所〕

  • 治療期間が長くかかります(6ヶ月位)。
  • 顎の状態などによりできない場合もあります。
  • 保険の適応ではないため費用がかかります(当院では、1本あたり26.5~42万円かかります)。
  • 開発されて30年なので、永久にもつかは、はっきりして いません。

インプラントを行うには

  1. 診査(病歴、健康状態の問診、口の中の診査、レントゲン写真、歯型の採取)
  2. インプラントの埋め込みを行います。(1~2時間位かかります)(当院では木曜日を手術日としております。)
  3. 状態が落ち着くまで3、4回の通院が必要です。
  4. 3、4ケ月位歯ぐきが落ち着くのを待って人工歯を入れます。
  5. 定期検診が必要です。

▲このページのTOPへ

 

義歯とは

多数、歯を失った場合や失った歯の前後に歯がない場合に入れる取り外しのできる装置をいいます。いわゆる入れ歯です。

義歯

〔長所〕

  • この装置を入れるために、他の健康な歯を削る必要はありません。たとえ削ってもわずかで済みます。
  • 治療日数が少なくて済みます(2~7回)。
  • 治療費は、保険適応のものであれば他の方法より安価でできます。
    (5000~20000円)

〔短所〕

  • ばねが残った歯にかかり、そのためその歯が虫歯になったり、歯周病が進行しやすくなります。
  • ばねや義歯の吸着力で支える事になりますので、咬みごたえと見た目がブリッジよりも劣ります。
  • ブリッジと比べて、違和感は残り、固定されていないので 不安定です。そのため、慣れて頂くまで数ヶ月を要します。
  • 食べかすが義歯の内側に入りこむので、毎日取り外して掃除をしなければならず手入れが面倒です。
  • あごの骨の吸収が1年で0.5ミリ位進行するため、数年後には修正が必要です。(4年で50%)

 下の奥歯が2本ない場合

 下の奥歯が2本ない場合

▲このページのTOPへ

 

ブリッジとは

ブリッジ
歯を1本又は2本程度失った場合、前後の歯を支柱にして、そこを補う装置のことをいいます。

〔長所〕

  • しっかりと前後の歯で固定されるので食べ応えは、歯があった時とあまり変わりません。
  • 前歯を失った場合でも見た目は、あまり変わらず優れて  います。
  • 義歯よりも違和感はありません。
  • 入れ歯のように食事中や人とおしゃべりしている時に、はずれる心配はありません。

〔短所〕

  • たとえきれいな御自身の歯であっても、前後の歯をかなり削らないといけません。
  • 治療回数が、少し長くかかります。
  • 保険適応の場合、奥歯には銀歯を全体にかぶせます。
  • 多くの歯を接着剤でくっつけるため、将来ゆるむことがあります。
  • なくなってしまった歯の分の咬む力も負担するので、残っている歯が折れることがあります。

▲このページのTOPへ

 

プラスチック製仮歯とは

前歯1~2本を失った場合、前歯の歯にプラスチック製の仮歯を接着剤ではりつける方法です。
〔長所〕

  • 抜歯したその日もしくは数日後に入れることができる。
  • 他の健全な歯をほとんど削る必要がありません。たとえ削ってもわずかで済みます。
  • 治療回数は1~2回で済みます。
  • 治療費は安価でできます(5000円以内)。
  • 取れた場合、すぐにやり直しが可能です。

〔短所〕

  • 強度は不充分なので、少し硬い物を食べるとかけてしまいます。
  • 接着剤が三ヶ月位するとゆるんでとれやすくなります。
  • 前歯の1~2本までにしか対応できません。
  • 長期間経過した場合には変色して修正が必要です。

▲このページのTOPへ

何も入れない場合

歯がなくなった部位にもよりますが、何も入れないことも一つの選択肢です。
適応する例をあげてみます。

  1. 奥歯が数本なくても食事にほとんど困っていない場合。
    特に奥歯1~2本の場合には、入れ歯を入れても90%以上の方はやめてしまいますので、インプラント以外はあまりおすすめしていません。
  2. 残っている歯がほとんど虫歯もなく、外観上、問題をあまり感じていない場合。
  3. 以前取り外しの入れ歯を入れてみたが、異物感が強くて全く使えなかったり、なくてもあまり問題を感じておられない場合。
  4. 残っている歯が歯周病などでぐらぐらで、ブリッジ、入れ歯では対応できない場合。
  5. 歯を削ったり、外科手術を極力さけたい場合。
  6. 年齢が若く(20歳以下)、歯の崩出が途中の場合。

▲インプラントという選択のTOPへ

「インプラントと義歯セミナー」参加

H24.9.16

インプラントの応用は、歯科では20年前から普及し始め、10年前より多くの歯科医師が臨床に活用してきています。

昨今のマスコミ報道ではインプラント否定的な内容も多く、まだ体験していない多くの患者さんから心配する声をいただきました。

しかし、もうすでにインプラント体験をされている声からは相変わらず感謝の声がいただけてます。

私自身の考えは、

20年前に自分が植立したインプラントを見ていて、「うまく活用し、きちんとした診断のもとに応用すれば患者さんのお口の健康と快適な食生活には、少なからず貢献できるもの」と確信しております。

インプラントと義歯セミナー

今回参加したセミナーは、「今まで義歯を使っているが、その義歯でもう少し快適に食事をすることはできないか」というテーマです。

義歯にインプラントを活用することによって、いかに今の義歯を改善できるかを取り上げていました。

講師は大阪大学教授の前田芳信先生でインプラントを義歯に応用する分野の日本の第一人者です。

このテーマは、私自身がインプラントは15年以上使えると確信ができてから取り組んだテーマの一つですが、今回その内容を20年以上日本の歯科界の中心で進めてこられた講師の話は、とても説得力があり自分で疑問に感じていたことにも明確な答えを示していただけました。

今まで前田先生の講演は学会等で何度も聞いていたのですが、今回はじっくり時間をかけて聴くことができ、さらに自由に質問も受けていただけたのでとても有意義な時間となりました。

インプラントと義歯セミナー

義歯を現在使っておられても、思ったように食事ができない方によりよい一つの改善策がみつかりました。

・歯がない本数が多くて、インプラントを予算的にあきらめていた方
・下の総入れ歯ががたついて困っている方
・下の部分入れ歯が咬めない方

には、特におすすめの方法です。

歯ぐきの裏側にこぶ?

みなさんのお口の中を見たとき、歯茎の内側(舌側、口蓋)にぼこぼこっとこぶのようなものがある方はいませんか?

このこぶの正体は、“骨隆起”という骨の塊です。これは、顎の骨が過剰に発達することでできます。

歯ぐきの裏側にこぶ

骨隆起は、長年にわたり少しずつ大きくなります。そのため、気付いた時にはこぶが!!とびっくりする方もいます。

見た目はこぶのようなものなので、腫瘍ではないだろうか?
なにか悪いものなのではないのだろうか?

と思う方がほとんどだと思います。実際は骨の塊なので、とくに問題がなければそのまま放置しても大丈夫です。

骨隆起はなんでできるの?

原因としては、強い咬み合わせの力が顎の骨に伝わり、骨が過剰に発達するためといわれています。そのため、寝ている時の歯ぎしりや、食いしばり、無意識に長時間食いしばっている人は要注意です。

また、すでに骨隆起がある人は、このように食いしばりや歯ぎしりで強く咬合することで大きくなります。

骨隆起はどうしたらいいの?

骨隆起ができたらどうしたらよいのでしょうか。
骨隆起の原因といわれる歯ぎしりや食いしばりを軽減させるためにはマウスピースを作成することです。
しかし、それだけでは発達した骨をなくすことはできません。
骨を無くす為には骨隆起を除去する手術が必要です。

骨隆起があると、入れ歯を入れるのが困難です。
骨隆起自体は骨の上に薄い粘膜が一層覆っているだけなので、入れ歯を入れていると、骨隆起と入れ歯があたって痛みがあるなどの症状がでてきます。

このように、入れ歯で困っている方や、見た目が気になる方、発音に支障がでる方などは手術を考えてみるのもいいかもしれません。
手術は、骨隆起の大きさにもよりますが保険が適用されます。

入れ歯の問題だけであれば、手術のほかに、インプラントを入れるということも出来ます。
インプラントにすると手術をする必要はありませんし、骨隆起も邪魔になりません。
気になる方は、一度歯科医院に相談してみてはいかがでしょうか?

インプラントについてはこちらもお読みください>>

歯を1本失った場合どのような治療を受けるといいですか?

0011788 歯を1本失った場合どのような治療を受けるといいですか?

answer 虫歯や外傷によって歯を一本だけ失った場合、特に初めて歯を失ってしまうと不安になりどんな治療をしたらいいのかと悩まれるかと思います。
失った歯を補う為の治療法としては、ブリッジ・入れ歯・インプラントが主に挙げられます。
しかし、それぞれの利点欠点や適応症等があるため一概のどの治療が一番いいとは言えません。

歯を補う治療をする前に

歯を補う治療をする前に、歯を失ってしまった原因、残っている歯の状態、歯を支える顎の骨や歯茎の状態をしっかり調べる必要があります。
口の中の状態によっては変わりの歯を入れる前にしっかりとした歯周病治療を先に行わなければいけない場合もあります。
更に選択できる治療が、どの程度噛む機能が回復できるか、見た目や使い勝手はどうかなどを考える必要があります。

入れ歯

入れ歯

基本的にどの歯を失っても作製できますが、多数歯の欠損の場合に多く用いられます。
入れ歯の針金をかけるために歯の形態を修正する必要があるため、少し歯を削ることがあります。
また、少数歯の欠損で他にしっかりと咬む歯が残っている場合、さらに初めて入れ歯を入れる場合は非常に違和感が強く逆にに咀嚼しづらくなることもあるためあまりオススメしない場合もあります。

ブリッジ

ブリッジ

基本的失った歯の両隣に歯が必要となります。少数歯の欠損の場合に用いられます。
土台となる両隣の歯を被せるようにして橋渡し(ブリッジ)するので、その厚み分歯を削らなくてはなりません。
また、土台となる歯が重度の虫歯や歯周病で状態が悪く、土台として使うことが出来ない場合はブリッジが適応にならないことがあります。

インプラント

インプラント

歯の抜けた部分のあごの骨(歯槽骨)に人工歯根を埋め込んであごの骨と接合させそれを土台に人工の歯を装着する治療法です。
そのため、ご自分の歯と同じように噛めるようになるほか、見た目も自分の歯に近いというメリットもあるので乳歯・永久歯に続く第三の歯とも言われてます。
他の歯を削ったり負担をかけたりすることなく、単独で固定して用いているので基本的にどこの場所にも行えます。
しかし、あごの骨の厚みがなかったり、重度の全身疾患がある場合はインプラントを埋め込むことができない場合があるので、インプラントを埋め込む前に様々な検査をする必要があります。

インプラントQ&Qに戻る

インプラント治療前に虫歯の治療を済ませておいた方が良いですか?

0011788 インプラント治療前に虫歯の治療を済ませておいた方がいいですか?

answer はい、是非済ませておいてください。

「虫歯がたくさんあるのだが、そういう人でもインプラントができるのかな?」と迷っておられる方は意外と多いです。
そこで、ここでは虫歯の大きさ別に、インプラントとの関連で説明していきます。

(1)かなり大きい虫歯(C4)

かなり大きな虫歯の場合

1.そのままの状態で置いておく
2.抜く

という二通りの方法があります。

ただし、その部分にインプラントを希望される場合には、
その歯を抜いてからでないとインプラントはできません。
抜いた後、3ヶ月程骨の回復を待ってインプラントを行うことができます。
(※歯を抜いた直後にインプラントを行う方法もありますが、
その方法ですと成功率が10~20%低下するという報告あり、当院では採用していません。)

また、インプラントをする部分でなくても、かなり大きな虫歯をそのままおいて置きますと
そこに食べカスなどが溜まり細菌が繁殖しやすくなってしまいますので
できれば抜くことをオススメします。

(2)少し大きな虫歯(C3)

c3少し大きな虫歯は、歯の根の治療が必要になりますので治療期間がかかってしまいます。
歯の根の治療を含めた、少し大きな虫歯の治療の流れは以下の通りです。

1.歯の根の中の掃除、消毒(状況により1回~5回かかります。)
2.歯の根の中に硬い薬をしっかりとつめる
3.歯の土台の型を採る
4.歯の土台を入れる
5.歯のかぶせ物の型を採る
6.歯のかぶせ物を入れる

お口の中に少し大きな虫歯(C3)がある場合には、できれば上記の2.の段階まで進めてからインプラントをするとお口の中をキレイに保て、インプラントの感染のリスクが減ります。
また、咬み合わせの関係から他の歯にしっかり冠を入れて咬み合わせを確保してからインプラントを行った方が良い場合もあります。
この場合は、上記6.まで終わらせてからインプラントをします。

(3)中くらいの虫歯(C2)

中くらいの虫歯も、インプラント前に治療をした方が良い場合が多いです。
虫歯の治療をすることで、お口の中の細菌を減少させインプラントをより安全に行えるためです。

(4)小さな虫歯(C1~C2)

c1小さな虫歯に関しては、急いで削らない方が良いことも多いです。

治療が必要と思われる虫歯でも小さなものならインプラントと同時進行で治していくこともできます。

以上、虫歯治療とインプラントの関係を述べてきましたが、「虫歯の治療を完全に終えてからでないとインプラントはできない」
という杓子定規なものではありません。

基本的な考えは、

インプラントも虫歯治療も同時進行でできることもありますので、一番効率の良い治療計画を立てることです。
ただ、リスクの高い虫歯、特にインプラントをする部分の近くにある歯の膿がたまっている虫歯はその膿を取る治療(=歯の根の治療)をしてからでないとインプラントに影響することがありますので相談の上、先にしっかりと虫歯の治療をやっていくこともあります。

インプラントQ&Qに戻る

下川公一先生 再生療法セミナー参加

H25年6月15,16日の2日間、私の母校である九州歯科大学同窓会で開催された再生療法セミナーに参加してきました。

九州歯科大学

北九州市小倉での講習でしたので、数年ぶりに母校に行ったのですが私が在校した30年前とは校舎も病院も全部建て替えられたためなつかしさは全く感じられずどこに会場があるかも聞かないとわからない状態でした。

北九州市小倉での講習

講師は、私が最も尊敬する先輩の一人であり、日本中から講演でひっぱりだこの下川公一先生です。
この先生とは、私が学生時代から縁があり、大学6年生の時に将来の進路を相談に自宅まで伺ったこともありました。

また、私が大学院時代には北九州歯学研究会という開業医の勉強会でも話を聞かせていただくことも多くそのなみはずれた臨床能力ときびしく臨床に取り組む姿勢に当時とても驚いたことを今でも覚えています。

豊田で開業してからも、東京などでよく講演は聞かせていただいていましたが今回は再生療法をメインテーマに講演があると聞きとても楽しみにしていました。
再生療法は最近ノーベル賞を受賞したIPS細胞の京都大学、山中教授のおかげでよくマスコミに取り上げられほとんどの方が聞いたことがあると思います。

インプラント 再生療法

歯科では、歯周病の治療にIPS細胞ではありませんが臨床応用されており最近の歯科学会の中心テーマです。
下川先生は、このテーマの実践を20年前位から取り組んでおられ、その成果を20年前から現在までの経過を写真を使って非常にわかりやすく紹介してくださいました。

当院でも5~6年前からインプラントの方を中心に臨床応用してきていますが下川歯科で行ってきた20年以上の経過を見る機会をいただき、とても参考になると共に現在丸子歯科でやっている方針に確信がもてる内容でした。

今後、再生療法をさらにバージョンアップしていくよいきっかけになりそうです。

下川先生と

69歳になられた下川先生が、相変わらずバリバリに臨床をされていることもよい刺激となりました。
2日間すばらしい臨床を見させていただき下川先生ありがとうございました。

PAGETOP