H24.9.16

インプラントの応用は、歯科では20年前から普及し始め、10年前より多くの歯科医師が臨床に活用してきています。

昨今のマスコミ報道ではインプラント否定的な内容も多く、まだ体験していない多くの患者さんから心配する声をいただきました。

しかし、もうすでにインプラント体験をされている声からは相変わらず感謝の声がいただけてます。

私自身の考えは、

20年前に自分が植立したインプラントを見ていて、「うまく活用し、きちんとした診断のもとに応用すれば患者さんのお口の健康と快適な食生活には、少なからず貢献できるもの」と確信しております。

インプラントと義歯セミナー

今回参加したセミナーは、「今まで義歯を使っているが、その義歯でもう少し快適に食事をすることはできないか」というテーマです。

義歯にインプラントを活用することによって、いかに今の義歯を改善できるかを取り上げていました。

講師は大阪大学教授の前田芳信先生でインプラントを義歯に応用する分野の日本の第一人者です。

このテーマは、私自身がインプラントは15年以上使えると確信ができてから取り組んだテーマの一つですが、今回その内容を20年以上日本の歯科界の中心で進めてこられた講師の話は、とても説得力があり自分で疑問に感じていたことにも明確な答えを示していただけました。

今まで前田先生の講演は学会等で何度も聞いていたのですが、今回はじっくり時間をかけて聴くことができ、さらに自由に質問も受けていただけたのでとても有意義な時間となりました。

インプラントと義歯セミナー

義歯を現在使っておられても、思ったように食事ができない方によりよい一つの改善策がみつかりました。

・歯がない本数が多くて、インプラントを予算的にあきらめていた方
・下の総入れ歯ががたついて困っている方
・下の部分入れ歯が咬めない方

には、特におすすめの方法です。