奥歯はないけれど、見た目が気になるので前歯だけインプラントを入れたい

 

奥歯が無い状態で前歯だけインプラントを入れることはおすすめ出来ません。

 

奥歯は小臼歯と大臼歯に分かれており、食べ物を細かく噛み砕いたり、すりつぶすのに使われているほか、咬み合わせを安定させる役割を持っています。

そして人間の顎関節の形態から、前歯部は普段上下での接触は、噛み切るのみでわずかになるようになっています。

つまり、通常普通に奥歯ですりつぶしたり、噛んだりする時にあたるのは臼歯のみの接触となります。

しかし、奥歯を失っているということは、噛み合わせの中心が前方へ移動し、奥歯で負担していた噛む力が全て前歯にかかるようになります。

噛むたびに下の歯が上の歯を突き上げるため、上の歯がその力によって突出したり、動揺したり脱落を起こしてしまうことがあります。

そのため、奥歯が無い状態で前歯にインプラントを入れると、インプラントにかかる負担が大きくなりインプラントを長期的に維持することが難しくなります。

よって、奥歯が無い状態で前歯だけインプラントを入れることはおすすめできません。

もちろん奥歯の噛み合わせを入れ歯ではなくインプラントでしっかり回復させてから、前歯にインプラントを入れることは可能です。

 

インプラント