0011788 インプラントを入れたらタバコは吸わないほうがいいですか?

answer タバコは歯周病の最大のリスク因子なのです。

近年各種メディアで歯周病とタバコの関係性はよく報道されているのでご存知の方もおられるのかもしれませんが、タバコは歯周病の最大のリスク因子なのです。

「タバコは百害あって一利なし」とも言われているように、口の中の健康やインプラント治療にも悪影響があります。

では、具体的にタバによってどのような悪影響があるのでしょうか?

1.細菌感染のリスクが高くなりインプラント周囲炎になりやすくなる。

タバコは、免疫力を低下させます。
ニコチンは免疫の役割をしている白血球の作用を低下させるため、歯肉に炎症が起こりやすくなります。
タバコによって血流が悪くなり、だ液の分泌量も低下します。
洗浄作用のあるだ液が少ないと、細菌が増えて歯周病になりやすくなります。
喫煙者は、非喫煙者と比べて歯周病やインプラント周囲炎になるリスクが4倍もあると言われています。

2.インプラントが骨に結合しにくくなる

タバコの煙の主成分であるニコチンは血管を収縮させ、喫煙によって発生する
一酸化炭素は血液が酸素を運ぶ能力を妨害し、血行が悪くなります。
すると、骨や歯周組織へ酸素や栄養が行き届かなくなり、インプラントを支える骨や歯周組織が弱ってインプラントが外れてしまうことがあります。
タバコは歯肉の血行を悪くして、傷の治りを悪くします。
そのため、手術の傷が治りにくく、化膿してしまう可能性もあります。

治療

インプラントの治療期間はもちろんですが、メインテナンス中でも喫煙はインプラントに悪影響を与えてしまいます。
近年インプラントの精度も上がり寿命は長くなっていますが、せっかく入れたインプラントも喫煙によって寿命が短くなる可能性があります。

インプラントを長く、そしてご自身の残っている歯も長く使っていくならば、禁煙をすることをおすすめします、「どうしても自分でタバコをやめれない」という人は多いと思います。
自分1人でチャレンジしてもうまくいかなかった方は病院の禁煙外来で相談したり、テレビでやっている「すぐ禁煙」で検索して実践するのも一つの方法です。

インプラントQ&Qに戻る