「タバコを吸っているとインプラントってできないの?」とよく質問を受けます。
タバコが与える様々な影響をいくつかあげてみました。

禁煙

タバコを吸っているとインプラントはできないというのは本当‥?

タバコを吸っているからといってできないことはありません。
しかし、長時間インプラントの問題を発生したくない方は禁煙をおすすめします。
インプラントは天然の歯のように虫歯になったりしみたりすることはありませんが、歯周病にはなってしまいます。これをインプラント周囲炎といい、進行するとインプラント周囲から骨がなくなり最後には抜け落ちてしまうことがあります。

患者さんから「タバコは肺など体に悪いことは分かっているが、歯には関係ないだろう」とか「タバコを吸っていてもちゃんと歯を磨いていれば周囲炎などならないだろう」などと言われることがあります。

タバコは様々な悪影響を全身に及ぼすのはもちろんですが、歯周病を悪化させる原因でもあります。
また、タバコを吸う人は吸わない人の4倍の確率で歯周病になりやすいと言われています。
タバコは歯周病の最大のリスク因子とも言われ、歯や歯肉に様々な影響を与えます。

タバコが及ぼす主な影響

1・血管が収縮する
歯肉が炎症を起こしても出血が抑えられるので、気付かずに症状が進行してしまう。

2・歯の表面にタールがこびりつく
タールは紙面をザラつかせ、プラークや歯石をつきやすくしてしまう。

3・抵抗力が低下する
免疫機能を停止させ、歯周病への抵抗力が下がってしまい、結果として歯周病の進行を早めてしまうのです。

シニア

歯だけではなくインプラントも例外ではありません。
タバコを吸っているとインプラントを支える歯肉の抵抗力を弱らせ、インプラントが抜け落ちる原因になります。

また、タバコはインプラント手術後の歯肉の治りを遅くしたり、インプラントと骨がくっつくのを妨げます。
インプラント治療は一般的には長期間問題が起こりませんが、インプラント周囲炎というインプラントの歯周病の原因のかなりの部分を喫煙が占めます。

インプラント治療を成功させるためには、できれば生涯にわたっての禁煙、最低でも治療最中は禁煙することをおすすめします。

欧米でのインプラント

欧米では、「タバコを吸う人には、初めからインプラントを行わない」という方針の先生もいます。
特に、アメリカは訟社会ですので全米で著名な名医でさえ

「私が手術してもタバコを吸っている患者さんのインプラントを成功させる確信はない」

と述べ喫煙者へのインプラントは初めから一切行わないという方針を採っています。

世界の学会レベルで「インプラントの失敗と大きく関連しているもの」として

(1)喫煙
(2)あごの骨量、骨質が不利な場合
(3)癌で放射線治療を受けている場合の3つが発表されました。

このように、喫煙はインプラント失敗要因の筆頭に挙げられています。

「喫煙はインプラントだけでなく、歯や全身にも非常に悪影響を及ぼす」という論文は無数にありますので、一度禁煙を検討されるのも良いかもしれません。

▲「インプラントが入ってから知っておきたいこと」のTOPへ