0011788 どうして金属のインプラントと骨が結合するの?

answer インプラントが骨とくっつく理由は、インプラントの材質が「チタン」という骨とくっつきやすい特徴を持った金属で出来ているためです。

インプラントは、顎の骨の中に入れるとインプラント体がしっかりくっつき、その上にかぶせ物を入れることにより食べ物を噛み切ったり、すりつぶしたり天然の歯の様に咬むことが出来る治療です。

インプラントが骨とくっつく理由は、インプラントの材質が「チタン」という骨とくっつきやすい特徴を持った金属で出来ているためです。
学術的にはそのことを「オッセオインテグレーション」と言います。

インプラントの図

チタンという金属は地球上の多く存在する金属ですが、昔は加工が難しくあまり利用されることがない金属でした。

今は、軽くて丈夫な特徴を活かして、歯科でのインプラントをはじめ、医科の骨折時の手術に体内に埋め込んだり、航空機やゴルフのドライバー、めがねのフレームと多くの場所で使われています。
インプラントの材料に選ばれた理由は、咬む力に十分耐えられる強度があること体の中で非常に安定していてほとんど変化しないこと、アレルギーがほとんどないことチタンが骨とくっつくという性質があることなどです。

チタンという金属の表面は常に厚い酸化膜に覆われており、体の中でいつも安定した状態を保っています。
そして、この酸化膜に骨を作る細胞が触れると自分の骨を作るのと同じように酸化膜の上に骨を作っていき、チタンは骨とくっついてしまいます。
一度チタンが骨とくっつくと問題がない限り、長期間にわたって安定した状態を保ち続けます。

また、かつて使用されていたインプラントは、表面がつるつるに磨かれたものだけでしたが、現在使用されているインプラントは、表面に細かい凹凸がわざとつけられています。
これは、表面が多少凹凸している方が早くしっかりとインプラントが骨にくっつくことが研究で明らかになったためです。

しかし、メインテナンス等を怠ってしまうとインプラント周囲炎になり、抜け落ちてしまうこともあります。
そのため、定期的にインプラントの周囲についた歯石や汚れをクリーニングすることによって、健全な状態が保ちやすくなります。
そこで当院では、年に3回以上のクリーニングに来院していただくことをおすすめしています。

インプラントQ&Qに戻る