インプラント治療は基本的に保険適用外の治療となります。

歯ブラシを持つ歯科衛生士

保険治療は「生きていくために必要な治療」を原則に国が適用できる範囲をすべて決めており、使える材料も限られたものになっています。
セラミック治療やインプラント治療は「生活の質を向上させる治療」と解釈されているため、当分の間保険に含まれる予定はないようです。
ただしインプラント治療でも、例外的に一部保険が効くことがあります。

1)事故などの時に、加害者が傷害保険に加入しており、インプラントが必要になった時。
2)民間の生命保険会社でインプラントまでカバーしている医療保険(先進医療タイプ)に加入し、保険会社と厚生労働省の基準条件を満たす場合。

ただし、かなり厳しい制限がありますので適用出来る場合はごくわずかのようです。
詳しくは加入する保険会社に問合せて下さい。

尚、インプラント治療は医療費控除の対象にはなりますので、積極的に活用されることをおすすめします。

医療費控除のページをご覧下さい。