安心・安全なインプラント治療に取り組む丸子歯科
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • ブリッジ

タグ : ブリッジ

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラント

インプラント

治療法:歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:1本から、全ての歯を失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 歯を失った部分のみの治療
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為、骨がやせない

審美:ご自分の歯に近い見た目。

清掃:ご自分の歯と同様に歯ブラシ、歯間ブラシ等で清掃。

治療期間:3~9ヶ月。その後も3ヶ月~6ヶ月に1回の定期的なメインテナンスが必要。

ブリッジ

ブリッジ

治療法:失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:1本~数本失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 周囲の歯を削る
  • 歯に大きな負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせる

審美:保険適用外ならば、ご自分の歯に近い見た目。

清掃:ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所は歯間ブラシ等で清掃。

治療期間:3~6ヶ月。

部分入れ歯

部分入れ歯

治療法:失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:数本以上失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 周囲の歯に留め金をかけ、大きな負担がかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせる

審美:留め金が見える部分もある。

清掃:はずして義歯の洗浄をする。支える歯や残っている他の歯も清掃。

治療期間:1~3ヶ月。その後も調整が必要。

総入れ歯

総入れ歯

治療法:取り外しの人工の歯を顎の上にのせる方法。

⇒治療方法の特徴

対応本数:全部の歯を失った場合

周囲の歯や顎の影響

  • 顎の骨がやせる

審美:顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。

清掃:はずして義歯の洗浄をする。

治療期間:1~3ヶ月。その後も調整が必要。

▲インプラントという選択のTOPへ

インプラントの性能

どんなものでもそうですが、それを購入することによってどれだけの性能があり役立つかは、最重要なテーマです。

シニア

自転車とバイクと車で比較してみましょう。
自転車は手軽ですぐ近くに行くには非常に便利ですが、雨の日や荷物が多い時にはつらく、遠い所への移動や、ましてスピードという点では、車にはかないません。

一方、車は自転車の利点、欠点が逆になり、かなり遠距離でも快適であり、スピードはアクセルさえ踏み込めば簡単に出すことができます。しかし、狭い道や、すぐ近くに行くには駐車スペースを考えると不便なこともあります。
バイクはその中間でしょうか。

歯の機能を考えてみますと、
「食べること」
「話すこと」
これが二大機能ですので、あなたがそれをどのくらい重要視するのか、ご自身で考えてみて下さい。

食べること

咬み合わせの力はこのような順番になります。

1位 丈夫な自分の歯 (50㎏)
2位 インプラント  (40~50㎏)
3位 ブリッジ    (30~40㎏)
4位 総入れ歯    (10㎏)
5位 何も入れない  (0㎏)

カッコ内の数字は、大学病院で咬む力を測定する器材で測定されたものです。自分の歯が丈夫な方なら、体重とほぼ同じくらいの咬む力があります。それを基準に、どの方法がどれくらい咬む力があるかの参考にして下さい。
総入れ歯の場合、何でも咬める方もおられますが、残念ながら丈夫な歯の時の1/5くらいの力しか出ないというデータが報告されています。

各治療方法の食べる機能を数字にして、自転車とバイク、車の例で考えると、次のような感じです。

自分の歯が50kg
インプラントが50kg    車が時速50km
ブリッジが30~40㎏   原付バイクが時速30~40㎞
入れ歯が10㎏       自転車が時速10㎞

つまり、インプラントと入れ歯の性能の違いは、車と自転車の性能の違いと同じ位と考えてもらえばわかりやすいと思います。

話すこと

シニア

これに関しては大学病院で各治療方法を比較した正確な測定値は出ていません。ブリッジ、入れ歯に関しては設計されたものによって大差があるからです。

一般的にインプラントとブリッジは前歯に入れた時には話しづらさを感じる方も多いですが、1~2ヶ月で慣れてしまう方がほとんどです。

入れ歯の場合は個人差がとても大きく、反応は様々です。上下で考えてみると、上の場合、前歯に厚い義歯を入れるとタ行・ラ行が話しづらくなります。下に入れた時は前歯の裏側に厚い義歯や金属部分が入るとサ行を中心にとても話しづらく、苦痛を感じる方が大半で、慣れるまでに3ヶ月は必要です。

正直なところ、下の義歯はそれが苦しくて自分の歯が多く残っている場合には使わなくなる方も多く、それは入れ歯の限界でもあります。

治療方法の特長

五つの治療方法の長所と短所を詳しく説明します。ここまでの選択ポイントでお話したことと重複しますが、御自分で考えている方法をしっかり確認してください。

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯の抜けている部分の顎の骨の中に人工的な歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療方法をいいます。
インプラントは、人工歯根とも呼ばれ自分の歯に近い構造をもち、口の中の機能回復と審美性を追及した新しい歯科治療です。

〔長所〕

  • 自分の歯に近い機能が期待できますので咬みやすく、左右のバランスもあいやすくなります。
  • 残っている他の歯に対する負担を軽減でき、結果として、 他の歯の寿命を長くすることが期待できます。
  • 歯を失った部分の顎の骨がやせていくことを防ぎますので、顔の形が変わらず、口もとが若々しく保てます(アンチエイジング治療の1つです)。
  • 適切にケアすれば十分に長持ちします(当院ではほとんどの方が10年以上もっています)

〔短所〕

  • 治療期間が長くかかります(6ヶ月位)。
  • 顎の状態などによりできない場合もあります。
  • 保険の適応ではないため費用がかかります(当院では、1本あたり26.5~42万円かかります)。
  • 開発されて30年なので、永久にもつかは、はっきりして いません。

インプラントを行うには

  1. 診査(病歴、健康状態の問診、口の中の診査、レントゲン写真、歯型の採取)
  2. インプラントの埋め込みを行います。(1~2時間位かかります)(当院では木曜日を手術日としております。)
  3. 状態が落ち着くまで3、4回の通院が必要です。
  4. 3、4ケ月位歯ぐきが落ち着くのを待って人工歯を入れます。
  5. 定期検診が必要です。

▲このページのTOPへ

 

義歯とは

多数、歯を失った場合や失った歯の前後に歯がない場合に入れる取り外しのできる装置をいいます。いわゆる入れ歯です。

義歯

〔長所〕

  • この装置を入れるために、他の健康な歯を削る必要はありません。たとえ削ってもわずかで済みます。
  • 治療日数が少なくて済みます(2~7回)。
  • 治療費は、保険適応のものであれば他の方法より安価でできます。
    (5000~20000円)

〔短所〕

  • ばねが残った歯にかかり、そのためその歯が虫歯になったり、歯周病が進行しやすくなります。
  • ばねや義歯の吸着力で支える事になりますので、咬みごたえと見た目がブリッジよりも劣ります。
  • ブリッジと比べて、違和感は残り、固定されていないので 不安定です。そのため、慣れて頂くまで数ヶ月を要します。
  • 食べかすが義歯の内側に入りこむので、毎日取り外して掃除をしなければならず手入れが面倒です。
  • あごの骨の吸収が1年で0.5ミリ位進行するため、数年後には修正が必要です。(4年で50%)

 下の奥歯が2本ない場合

 下の奥歯が2本ない場合

▲このページのTOPへ

 

ブリッジとは

ブリッジ
歯を1本又は2本程度失った場合、前後の歯を支柱にして、そこを補う装置のことをいいます。

〔長所〕

  • しっかりと前後の歯で固定されるので食べ応えは、歯があった時とあまり変わりません。
  • 前歯を失った場合でも見た目は、あまり変わらず優れて  います。
  • 義歯よりも違和感はありません。
  • 入れ歯のように食事中や人とおしゃべりしている時に、はずれる心配はありません。

〔短所〕

  • たとえきれいな御自身の歯であっても、前後の歯をかなり削らないといけません。
  • 治療回数が、少し長くかかります。
  • 保険適応の場合、奥歯には銀歯を全体にかぶせます。
  • 多くの歯を接着剤でくっつけるため、将来ゆるむことがあります。
  • なくなってしまった歯の分の咬む力も負担するので、残っている歯が折れることがあります。

▲このページのTOPへ

 

プラスチック製仮歯とは

前歯1~2本を失った場合、前歯の歯にプラスチック製の仮歯を接着剤ではりつける方法です。
〔長所〕

  • 抜歯したその日もしくは数日後に入れることができる。
  • 他の健全な歯をほとんど削る必要がありません。たとえ削ってもわずかで済みます。
  • 治療回数は1~2回で済みます。
  • 治療費は安価でできます(5000円以内)。
  • 取れた場合、すぐにやり直しが可能です。

〔短所〕

  • 強度は不充分なので、少し硬い物を食べるとかけてしまいます。
  • 接着剤が三ヶ月位するとゆるんでとれやすくなります。
  • 前歯の1~2本までにしか対応できません。
  • 長期間経過した場合には変色して修正が必要です。

▲このページのTOPへ

何も入れない場合

歯がなくなった部位にもよりますが、何も入れないことも一つの選択肢です。
適応する例をあげてみます。

  1. 奥歯が数本なくても食事にほとんど困っていない場合。
    特に奥歯1~2本の場合には、入れ歯を入れても90%以上の方はやめてしまいますので、インプラント以外はあまりおすすめしていません。
  2. 残っている歯がほとんど虫歯もなく、外観上、問題をあまり感じていない場合。
  3. 以前取り外しの入れ歯を入れてみたが、異物感が強くて全く使えなかったり、なくてもあまり問題を感じておられない場合。
  4. 残っている歯が歯周病などでぐらぐらで、ブリッジ、入れ歯では対応できない場合。
  5. 歯を削ったり、外科手術を極力さけたい場合。
  6. 年齢が若く(20歳以下)、歯の崩出が途中の場合。

▲インプラントという選択のTOPへ

インプラント見た目の美しさ

見た目の美しさは、特に女性にとっては非常に重要なテーマだと思います。特に前歯がなかったり、前歯にすき間がある場合、女性なら「恥ずかしくて外へ出られません」と多くの方がおっしゃいます。

でも男性の場合には、前歯が1~2本なくても「あまり気にならないよ」と言われることもあります。臨床経験が少ないころは男性と女性の感じ方のギャップによく驚かされました。

そのため、「ここは目立ちますか」と質問された場合の答えとしては、個別の状態に合わせて相談の上、最終的には「非常に個人差があります。ご自宅でゆっくり鏡を見てご判断下さい」とお話しています。

shinia013

一般的に見た目の美しさは次のような順位となります。

1位 きれいな自分の歯
2位 インプラント
3位 ブリッジ
4位 入れ歯(歯の状態や構造によってかなり差がある)
5位 何も入れない

初めて歯を抜きました。

0011788 初めて歯を抜きました。費用の高いインプラントを薦められたのですが、保険の効くブリッジではダメなのですか?

answer ダメなことはありませんが、余りおすすめできないケースもあります。

インプラントという方法がなかった時代には、多くのケースでブリッジが採用されることがありましたが、近年では、ブリッジを採用する頻度はやや減りました。

理由として、

  1. インプラントの普及
  2. 歯をなるべく削らない方が、歯が長持ちするという考えが広まってきた為(ブリッジは、歯を削らないと作れないことが多い)
  3. 一本だけ歯が抜けても、不自由を感じなければ無理にそこに歯を入れなくても良いという考えが広まってきた為昔は、一本歯を抜いたらな何が何でもそこに歯を入れるべきという考えが主流でした)

歯のイメージ

では、どの場合にブリッジではなくインプラントが推奨されるのでしょうか?
以下、4つの要素で順番の説明していきます。

(1)ブリッジでは無理なケース

1.一番奥の歯など両隣に歯がない場合

2.支えとなる両隣の歯に十分な強度がない時
例)両隣の歯に、大きなひびがある大きな奥歯がある重度の歯周病がある場合など

(2)抜けた歯の両隣の歯をどの位削る必要があるか

1.両隣の歯が元々削っていない状態の場合

ブリッジにする為に、かなり歯を削らなくてはなりませんのでブリッジはあまりおすすめできません。

2.両隣の歯にかぶせ物(冠)が入ってる場合

ブリッジを作る為にあらためて周りの歯を削る必要はあまりありませんのでブリッジにすることもよくあります。
ただし、ブリッジではどうしても支えとなる両隣の歯に負担がかかります。
(インプラントならその心配はありません。)

(3)抜けた歯の部位

1.一番奥の歯
インプラントはできますがブリッジはできません。
一番奥の歯一本だけなら何も歯を入れなくても咬むのに余り困らない場合もよくあります。

2.1.以外の奥歯
両隣の歯の状態によって、ブリッジかインプラントにする利点・欠点を相談させていただきます。

3.前歯
周りの歯を削ることなく人工の歯を接着剤料でつける方法があります。
ブリッジもインプラントも入れ歯も希望されない方に適しますが残念ながら外れやすいです。

(4)患者さんの年齢

ブリッジの平均耐用年数は約7年(厚生労働省発表)と言われています。
7年以上経ってブリッジが外れたりする頃には支えとなっている歯に何らかのダメージが及んでいる場合も少なくありません。

長期的、統計的にみるとブリッジにした場合の歯の寿命はインプラントにした場合より短くなります。
それを考えれば年齢の若い人程、ブリッジにすることは積極的にはお勧めしません。

インプラントQ&Qに戻る

歯を1本失った場合どのような治療を受けるといいですか?

0011788 歯を1本失った場合どのような治療を受けるといいですか?

answer 虫歯や外傷によって歯を一本だけ失った場合、特に初めて歯を失ってしまうと不安になりどんな治療をしたらいいのかと悩まれるかと思います。
失った歯を補う為の治療法としては、ブリッジ・入れ歯・インプラントが主に挙げられます。
しかし、それぞれの利点欠点や適応症等があるため一概のどの治療が一番いいとは言えません。

歯を補う治療をする前に

歯を補う治療をする前に、歯を失ってしまった原因、残っている歯の状態、歯を支える顎の骨や歯茎の状態をしっかり調べる必要があります。
口の中の状態によっては変わりの歯を入れる前にしっかりとした歯周病治療を先に行わなければいけない場合もあります。
更に選択できる治療が、どの程度噛む機能が回復できるか、見た目や使い勝手はどうかなどを考える必要があります。

入れ歯

入れ歯

基本的にどの歯を失っても作製できますが、多数歯の欠損の場合に多く用いられます。
入れ歯の針金をかけるために歯の形態を修正する必要があるため、少し歯を削ることがあります。
また、少数歯の欠損で他にしっかりと咬む歯が残っている場合、さらに初めて入れ歯を入れる場合は非常に違和感が強く逆にに咀嚼しづらくなることもあるためあまりオススメしない場合もあります。

ブリッジ

ブリッジ

基本的失った歯の両隣に歯が必要となります。少数歯の欠損の場合に用いられます。
土台となる両隣の歯を被せるようにして橋渡し(ブリッジ)するので、その厚み分歯を削らなくてはなりません。
また、土台となる歯が重度の虫歯や歯周病で状態が悪く、土台として使うことが出来ない場合はブリッジが適応にならないことがあります。

インプラント

インプラント

歯の抜けた部分のあごの骨(歯槽骨)に人工歯根を埋め込んであごの骨と接合させそれを土台に人工の歯を装着する治療法です。
そのため、ご自分の歯と同じように噛めるようになるほか、見た目も自分の歯に近いというメリットもあるので乳歯・永久歯に続く第三の歯とも言われてます。
他の歯を削ったり負担をかけたりすることなく、単独で固定して用いているので基本的にどこの場所にも行えます。
しかし、あごの骨の厚みがなかったり、重度の全身疾患がある場合はインプラントを埋め込むことができない場合があるので、インプラントを埋め込む前に様々な検査をする必要があります。

インプラントQ&Qに戻る

PAGETOP