骨再生療法って何?

 

骨再生療法とは、今まで骨が薄くてインプラントを入れることが難しいとされている場合に、

骨を増やしてインプラントが出来るようにする方法です。

 技術が進歩したため、多くの方々に対応してまいりました。

 

GBR法

歯を抜いてそのままにしておくと顎の骨が再生されないでくぼんだような形になってしまうことがあります。この部分にインプラントをする場合、骨の量が少ないため、しっかりと固定することができません。そこで骨の量が少ないくぼんでいる部分に骨補填材という人工の骨を入れます。

 

ソケットリフト

上の奥歯の骨が少ない時に行われます。上の奥歯の位置には上顎洞という空洞になっている部分があるため、骨が薄いことがよくあります。

この薄い位置にインプラントを入れる時はドリルで上顎洞近くまで穴をあけ、その後上顎洞粘膜を専用器具で持ち上げます。持ち上げた粘膜と骨のすき間に骨補填材を入れ厚みを作った所にインプラントをいれます。

 

スプリットクレスト

インプラントをいれるための骨の幅が足りない上の前歯の時に行います。

骨の頂上部に器具を挿入して骨を広げ、インプラントを埋め入れる方法です。インプラントと骨のすき間には、骨補填材を詰めてしっかり結合するのを待ちます。

 

 

 

※骨の状態に合わせ、必要に応じて処置を行います。骨再生療法で使われる人工骨補填材は厚生省の認可を受けた物を使用しております。

弱点としては、インプラント植立後固定されるまで6カ月以上の治療期間が必要となります。

より安全に、確実にインプラントを入れるために必要な治療です。